ミスの治し方、からのDon’t think , Feeeeeeeel !!


コマンドのミス。初心者にありがちですよね。

私は未だに低空ヨガテレポが全然出ません。

どうやって練習すればよいか、、

いろいろ悩んでいましたが、これを見て感じるところがありました。

マゴ選手がチョコブランカ選手に、かなり教え込んでいます。

ほぼ途中からは、もうこのコンボミスなくできるようにならんといけんぜよ。

みたいな感じになってただひたすら、コンボの練習をチョコブランカ選手が続けます。

ミスる度に、今のはステップが遅かったとか

大Kが遅かったとか、

リズムを感じろとか、

もうひたすら注意されています。

そして、マゴ選手が

「何を失敗しているのか?そこを修正していくしかない」

というようなことを言っていて

 

あ、これだ!!

と思いました。

ミスした時に、まず自分が何をミスしたかを把握しなければならない

それがわかってないのに、ただひたすら練習するのは意味がないなぁ。

ここではマゴ選手が、横から適切にミスを指摘してくれていましたが、

私たちはそうはいきません。

ここで登場するのがキーディスプレイの表示ですね。

これで、自分が何をミスしているのかを把握しなければなりません。

1番ダメなのは、自分がミスしている箇所を、勘違いして

もっと悪い方向に向いてしまうことです。

キーディスプレイを見ると、とんでもないところにコマンドが入っているのに気づきます。

全く右下が入っていなかったり、

違うボタン押していたり、、

思っていたのとは違うところにコマンドミスが入っています。

失敗する➡︎ミスを確認➡︎ミスを修正

これを繰り返していくうちに、今度はキーディスプレイを見なくても

自分がミスしているところを感じることができてきます。

こうなったらこっちのもの!!

人間の体はミスを修正することができる、素晴らしい能力を持っています。

なので、ミスを正確に把握することができれば

あとは感性で勝手に修正されていくんです。

そゆことです。

これが

Don’t think , Feeeeeeeel !!

ブルースリーの教えてですね。

この動画の1分10秒くらいのところ

考えるな、感じろ!!

この域に少しでも近づければ、上達への近道です。

マゴ選手などの、トップゲーマーは、知識に裏付いている上に

感性でミスを感じれるんですね。だから次への経験値として積み上げていくことができる。

これに近づくには

自分のミスを正確に把握すること!!

ということで、私はトレモではキーディスプレイを表示して

ひたすら低空テレポの練習を行っています。

相変わらず余計なコマンドが入って、ごちゃってますけどね。。

逆にあぁここに余分な方向入っても、出るんだぁとか気づけます。

最近はコマンドミスする前に、「あ、今下入ってないから、低空テレポでない、、」

とかわかる時も多いです。

 

はい。ちょっと説教くさくなりましたが、、

要するにこれ言いたかっただけです。

Don’t think , Feeeeeeeel !!

 

あと、この動画見たときに、マゴ選手が好きになりました。

ちょっと口調が強めなので、かなり上からの発言だなぁ、と敬遠していました。

が、必死にチョコブランカ選手に教えているのを見て、

あぁ、情熱や愛が溢れている人なんだなぁと感じました。。

 

そして、チョコブランカ選手が1時間ぶっ通しで練習する姿を見て

私はまだまだだ、、もっと練習しなければ!!

と身が入るようになりました。

ありがとう!マゴ選手、チョコブランカ選手!!

もっと練習に励んで、もっともっと上手くなります!!

 

ではではー

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です